【英語】 句動詞「go」を使ったフレーズ ①【イメージ】

句動詞とは「動詞+前置詞(もしくは副詞)のいくつかの単語の組み合わせにより、そのかたまりの軸の動詞とは異なる意味を持つ表現」です。句動詞は come, get などの基本的な動詞と、at や on などの同じく一般的な前置詞(もしくは副詞)の組み合わせによって成り立ちます。そして、それは誰もが知っている単語の組み合わせであるにも関わらず「かたまり」になった途端(状況に合わせた)さまざまな意味が生じます。非ネイティブである私たちが句動詞を使いこなすには「かたまりの軸となる動詞」のコアにあるイメージを理解し、そのフレーズが使われる場面を想像しながら実際に口に出してみることが大切です。

動詞「go」

【意味】 「行く」など

動詞 go の基本的なイメージは「立ち去る・進行する」です。go は「ある場所から立ち去り、進んでいく動き」です。豊かな意味の広がりもすべてこのイメージからです。

【go ahead ①】(物事が)進行する

➡︎ 類義 continue, go on
・I will go ahead with the payment procedures.(支払い手続きを進めるとしよう。)

【go ahead ②】先行する・遠慮なくする・思いきる

➡︎ 類義 go on
・We’ll go ahead, Dave!(先に行くぞ、デイヴ!)

【go along ①】(物事の進展に)沿って続く

➡︎ 類義 follow
・If you go along this street, you will come to Santa Monica pier.(この通りを行くとサンタモニカの埠頭に出るよ。)

【go along ②】(物事を)進行する

➡︎ 類義 go on, work
・He always expects everything to go along swimmingly.(彼はいつも物事がスイスイ進むと思っている。)

【go away ①】どこかへ行く・「消え失せろ!」

➡︎ 類義 leave, get out
・Just go away! I don’t want to see your face anymore!(どっか行って!もうあなたの顔なんて見たくないわ!)

【go away ②】(一定期間)出かける

➡︎ 類義 go out
・Where did Dave go? — I hear he went away to Mexico or somewhere.(デイヴはどこ行ったんだ? — 彼はメキシコかどこかへ行ったみたいだよ。)

【go away ③】なくなる

➡︎ 類義 disappear
・He is waiting for the pain to go away.(彼は痛みが収まるのを待っている。)
👉 go ahead は【行く+前へ】で「先に進む」。 go ahead! と命令文になると「お先にどうぞ」の意味になります。go along は【行く+沿って】で、「(道路・川などに)沿って行く」という意味です。この安定して進んでいくイメージから「(プロジェクトなどが)進行する」というような意味へでも使えます。go away は【行く+遠くへ】で、命令文の場合「あっちへ行け!」となります。今いる場所から離れていなくなるニュアンスがあり、そこから「(一定期間仕事で)出張する」「(痛みが)消える」といった意味も生まれます。

↓↓  続いて、句動詞「go」のフレーズ②も合わせてチェック ↓↓

【英語】 句動詞「go」を使ったフレーズ ②【使い方】
go back は【行く+戻る】で「帰ってくる・戻る」となります。go back の後には目的地や時代などがきます...

↓↓  動詞「go」の意味とイメージも要チェック ↓↓

【英語】 動詞「go」の意味とイメージ 【使い分け】
動詞「go」 【意味】 「行く」など 英語の動詞 go の基本的なイメージは「立ち去る・進行する」です。go とは「ある場所...

↓↓ 前置詞「along」の意味とイメージも要チェック ↓↓

【英語】 前置詞「along」の意味とイメージ 【使い分け】
前置詞「along」 【意味】 「〜に沿って」など 英語の前置詞 along の基本的なイメージは「細長いもの」です。そして...