【英語】 句動詞「bring」を使ったフレーズ ②【イメージ】

句動詞とは「動詞+前置詞(もしくは副詞)のいくつかの単語の組み合わせにより、そのかたまりの軸の動詞とは異なる意味を持つ表現」です。句動詞は come, get などの基本的な動詞と、at や on などの同じく一般的な前置詞(もしくは副詞)の組み合わせによって成り立ちます。そして、それは誰もが知っている単語の組み合わせであるにも関わらず「かたまり」になった途端(状況に合わせた)さまざまな意味が生じます。非ネイティブである私たちが句動詞を使いこなすには「かたまりの軸となる動詞」のコアにあるイメージを理解し、そのフレーズが使われる場面を想像しながら実際に口に出してみることが大切です。

動詞「bring」

【意味】 「持ってくる・もたらす・引き起こす」など

bring の基本イメージは「話の中心となっている人や場所に何かを持ってくる」です。come の「やってくる」イメージを基本とし、それに加えて「何か」がこちら側にやってくる感覚です。この方向性が bring のポイントです。

【英語】 句動詞「bring」を使ったフレーズ ①【使い分け】はこちら

【bring out ①】(世に)売り出す・製造する

➡︎ 類義 publish, release, produce
・Did you know that Kendrick Lamar. brought a new album out?(ケンドリック・ラマーが新しいアルバム出したって知ってた?)

【bring out ②】(特徴などを)引き出す

➡︎ 類義 highlight, develop
・Selena brought out his talent for singing.(セレーナが彼の歌の才能を引き出したんだ。)

【bring up ①】育てる

➡︎ 類義 cradle, raise, rear
・Dave told to her, ” I want to bring up my child as my father did me. “(デイヴは彼女に「ぼくは父がぼくを育てたようにこどもを育てたいんだ。」と言った。)

【be brought up】育つ

➡︎ 類義 be raised, grow up
・He was born in Florida but brought up in New York.(彼は生まれはフロリダだけど、育ったのはNYなんだ。)

【bring up ②】(話題を)持ち出す

➡︎ 類義 enter into, start
・Dave, don’t bring up the topic!(デイヴ、その話題を持ち出すのはやめろ!)

【bring up shot】(人を驚かせて)急に止める

➡︎ 類義 stop
・Well, his remark really brought me up short.(彼の発言に唖然としちゃったよ。)

👉 bring out は【持ってくる+外へ】の感触から「(ものを)取り出す」「生産する」「目立たせる」などの意味へと広がります。bring up は【持ってくる+上げる・完成する】で「(こどもを)育てる」「(話題などを)出す」などの意味に。bring 〜 up short は「何か(作業など)しているのを驚かせて止める」イメージです。例えば、 bring someone up short で「人を立ち止まらせる」となります。

↓↓  続いて、句動詞「bring」のフレーズ①も合わせてチェック ↓↓

【英語】 句動詞「bring」を使ったフレーズ ①【使い方】
bring about は【持ってくる+まわりに】といったニュアンスで、後ろには change のような「一般的な...

↓↓ 副詞「out」の意味とイメージも要チェック ↓↓

【英語】 副詞「out」の意味とイメージ 【使い分け】
副詞「out」 【意味】 「外」など 英語の副詞 out の基本イメージは「外」です。シンプルゆえにさまざまなイメージが広が...