【英語】 副詞「yet」の意味とイメージ 【使い分け】

副詞「yet」

【意味】 「もう・まだ・けれども・さらに」など

英語の副詞 yet の基本的なイメージは「未完」です。できごとやものごとがまだ完了しておらず、後に続くことを示しています。

【もう・まだ】

・Has the movie started yet? — No, not yet.(もう映画はじまった? — いや、まだだよ。)
・Dave has not yet finished his homework. (デイヴはまだ宿題を終わらせていません。)

👉 Has the movie started?(映画はじまった?)にyet の「未完」のイメージをを付け加えています。それにより、「はじまったの?それともまだなの?」のニュアンスが生まれ、「待ちきれない」などの感情が乗ってくるのです。 not yet は not started(はじまっていない)に「まだだよ」が加わっています。また、yet は文末に置かれるのが普通ですが、中間にくることもあります。

【しかし・けれども】

・Your idea sounds marvelous in theory, yet I don’t think it will work in practice. (きみの考えは理論上はすばらしそうだけれど、実際には機能しないと思います。)

👉 yet は接続詞としても使用できますが、ここでも「未完」の意味で使うことがポイントです。「理論上はすばらしい。(でもそれで話は終わりじゃないんだよ)実際には〜」といった感触です。

【いつか・これから】

・I’ll do it yet. (いつかそれをやるよ。)

👉 「いつかやる」ということはまだ終わっていません。「未完」です。

【最上級と使われる yet】

・This is the best pizza yet!(これは今までで最高のピザだ!)
・The best is yet to come.(お楽しみはこれからだよ!)

👉 「今まで食べた中では最高だけど(これから先、もっとおいしいピザを食べることがあるかもしれない』」というニュアンスです。The best is yet to come は「最高のものはまだ来ていない = (つまり)これから最高なことが起こる」という意味になります。これも yet =「未完」のイメージで考えるとわかりやすいです。また、最上級 + ever の用法のニュアンスの違いにも注目です。

↓↓ 「任意のある時点」、副詞「ever」のイメージも要チェック ↓↓

【英語】 副詞「ever」の意味とイメージ 【使い分け】
副詞「ever」 【意味】 「これまで」など 英語の副詞 ever の基本的なイメージは過去や未来の「任意の時点」です。日本...