【英語】 動詞「think」の意味とイメージ 【使い分け】

動詞「think」

【意味】 「思う・考える」など

英語の動詞 think の基本的なイメージは「あらゆる思考」です。think はぼんやりと「思う」ことから、しっかりと頭を使って「考える」ことまで、ありとあらゆるすべての「思考」をあらわします。

【さまざまな「思考」】

・I think autumn is the most beautiful season of the year.(秋が一年で一番美しい季節だと思うよ。)
・I want to be a doctor who can think from a patient’s point of view!(ぼくは患者の目線に立ってしっかりと考えることのできる医者になりたいんだ!)
・I get frustrated whenever I think about Dave.(デイヴのことについて考えるといつもイライラする。)
・In fact, What do you think of him?(実際のところ、君はあの男をどう思う?)
・Now I don’t have time, so I cannot take my time to think.(ちょっと今は時間がないので、ゆっくりと考えられないかな。)

👉 think about には「いろいろと考える」ニュアンスが感じられます。対象の about(まわり)に深く思考があるからです。それに比べると、 think of はなんとなく、漠然と「考える」感触です。同じようなフレーズでもこの2つのあいだにある感覚は随分と違います。think about Dave と  think of him。このニュアンスの違いを例文から感じ取ってみてください。また、think は他に影響を及ぼさない、単なる心の動きなので多動型( think you など)のかたちで使うことはほぼできません。

↓↓ 同じく「頭の中」がポイント  動詞「know」の意味とイメージも合わせてチェック ↓↓

【英語】 動詞「know」の意味とイメージ 【使い分け】
動詞「know」 【意味】 「知っている」など 英語の動詞 know の基本イメージは「頭の中」です。普段から目にすることも...

↓↓ 「think」とコンビでよく使われる  前置詞「about」のイメージも要チェック ↓↓

【英語】 前置詞「about」の意味とイメージ 【使い分け】
前置詞「about」 【意味】 「〜について・約・およそ」など 英語の前置詞 about の基本的なイメージは「まわり」です...

スポンサーリンク