【英語】 前置詞「on」の意味とイメージ 【使い分け】

前置詞「on」

【意味】 「〜の上」など

英語の前置詞 on のイメージは「上に乗っている」です。このシンプルなイメージが実に多くの意味を生み出します。

【接触】

・Put the document on my desk.(その書類、僕の机に置いておいて。)
・How much money do you have on you?(今お金いくら持ってる?)
・On getting home, I took a shower.(家に着くとすぐにシャワーを浴びました。)

👉 on の「上に乗っている」感覚がさまざまな意味を生み出しています。そして「上に乗っている」ということは何かに「接触」しています。on は「上」に限らず、横でも下でもどこにでも「接触」しているのであれば使えます。例文、have on の「身につけている」=「持っている」というのも、やはり「接触」しているということです。on の「接触」のニュアンスが掴めれば、3つ目の例文「〜するとすぐ」の時間に「接触」している感覚も理解できます。

【線上】

・My office is on the Ginza Line. (私のオフィスは銀座線上にあります。)

👉 on は「線」と相性が良い前置詞です。しかし、「線」は「点」ではないので at は不可、加えて「線」は面積を持たないので in も不可。線上に「接触」できるのは on です。

【活動中・進行中】

・she’s gone to NY on business.(彼女は仕事でNYに出かけています。)
・light in her room are on.(彼女の部屋のライトついてるよ。)
・And life goes on.(そして、人生はつづく。)

👉 「線上の on 」のニュアンスが「活動中・進行中」につながります。英語で活動・進行は流れとして意識されています。 buisiness という活動の流れの線上にあるので「仕事で」となります。「ライトが活動中」なので on 。また動詞と組み合わされば「〜し続ける」という意味になります。

【圧力】

・I have a lot of things on my mind right now.(今、たくさん悩みごとがあるんだ。)

👉 基本イメージ「接触」から展開して考えてみる理解しやすいです。接触している部分にグッと力が加わって「圧力」がかかっている感触です。上記例文の場合、a lot of things が my mind に on =「圧力をかけている」ので「悩みごと」となります。

【支える】

・This story is based on fact.(この物語は事実に基づいています。)

👉 「接触」している部分を下から支えているイメージです。「物語」を「事実」が支えています(つまりノンフィクションですね)。

↓↓ 「on」と相性の良い動詞「put」も要チェック ↓↓ 

【英語】 動詞「put」の意味とイメージ 【使い分け】
動詞「put」 【意味】 「置く」など 英語の動詞 put のイメージは「何かをどこかにポンッと置く」です。日本語訳の「置く...