【英語】 前置詞「in」の意味とイメージ 【使い分け】

前置詞「in」

【意味】 「〜の中」など

英語の前置詞 in の基本的なイメージは「何かの中」です。実際に何かの容器に入っている場合でも、そうでない場合にも、「中に入っている」という感覚があれば使えます。

【いろいろな「入っている」】

・The damn dog is in the cage.(そのいまいましい犬はケージの中にいる。)
・There is key lime pie in the fridge.(キーライムパイが冷蔵庫に入ってるよ。)
・She lives in Florida.(彼女はフロリダに住んでいる。)
・By chance, I came across Dave In the street.(その通りで偶然デイヴに出会った。)
・Doesn’t he look cute in his oversized T-shirt?(大きいTシャツ着てる彼、かわいくない?)
・I have been interested in west coast hip hop lately.(最近、西海岸のヒップホップに興味あるんだ。)
・Taco varies greatly in deliciously.(タコスは美味しさに大変ばらつきがある。)
・You may write either in pen or pencil.(ペンでも鉛筆でもどちらで書いても良いです。)
・Is it okay if I write in Japanese?(日本語で書いても良いですか?)

👉 in は「入れ物の中」という感覚が典型的ですが、「何かの中に入っている」と感じられるならいつでも使えます。そのまんま、「入れ物」でも、「街や通り」でも、洋服(T-shrit)など身体の一部に身につけていても、音楽などの「あるジャンル」でも、美味しさなどの「ある観点」でも、「手段や方法」にでも、「何かの中に入っている」ならすべてOKです。

【時間(以内・〜後)】

・ She solved this problem in 5 minutes.(彼女はその問題を5分以内に解いた。)
・He’ll be home in 3 days.(彼は3日後に帰ります。)

👉 時間をあらわす in には注意が必要です、上記例文、〜 in 5 minutes は「5分以内」。一方、〜 in 3 days は「3日後」という時点を示しています。これは単純に話し手の意識の違いからで、示された期間の中に意識があれば「以内」で最後の時点に注目していれば「〜後」となります。日本語で「5分でできるよ(5分以内)」、「10分で戻るよ(10分後)」などと表現するのと同じです。どちらのニュアンスで使われているのかは、日本語と同じく文の意味から見分けます。

↓↓ 「in」との使い分け、前置詞「on」の意味とイメージ をチェック ↓↓

【英語】 前置詞「on」の意味とイメージ 【使い分け】
前置詞「on」 【意味】 「〜の上」など 英語の前置詞 on のイメージは「上に乗っている」です。このシンプルなイメージが実...

スポンサーリンク