【英語】 前置詞「for」の意味とイメージ 【使い分け】

前置詞「for」 

【意味】 「〜にために」など

英語の前置詞 for の基本的なイメージは「向かう」です。そして for はそのシンプルなイメージがゆえに多くの意味を持ち、幅広い場面においてさまざまな表現のかたちで使われます。また、「向かう」という基本的なイメージのコアには「〜のために」=「有益・必要」というニュアンスを持っています。前置詞 for は状況や話の流れによって使い方も意味も変わってくるので、基本的なイメージに加え、その根幹にあるニュアンスをしっかりと捉えることが大切です。

【単なる方向】

・These cupcakes are for you.(このカップケーキ、君にだよ。)

👉 youに「向かう」単なる方向。単純な方向のイメージが豊かな意味を生み出します。

【目的】

・This is a special shoes for playing football.(これはサッカーのための特別なシューズなんだよ。)

👉  for playing football(サッカーをするのための)。「向かう」と「目的」はすぐに結びつきます。

【求めて】

・I’m dying for an ice-cold Coca-Cola!(すごく冷たいコカ・コーラが死ぬほど欲しい!)

👉 何かに向かうという動作からは「求めて・欲しい」という意味を感じることができます。

【原因】

・ I jumped for joy when I headed the ball into the goal.(ヘディングでゴールを決めた時、喜んで飛び上がったよ。)

👉 「飛び上がった」原因・理由は for joy(喜んだため)。原因を指し示す感触で使われています。

【賛成】

・Are you for or against his one-man play?(君は彼の独りよがりなプレーに賛成?それとも反対?)

👉 against(〜に反対して)など、対象に「反発力」を持って、背を向ける動作は「拒否・否認」をあらわします。 for の「向かう」はその逆で「賛成」となります。ちなみに、上記例文は、「賛成」の for とそれに対する「反対」の against で均衡が保たれ、ニュートラルな質問なっているイメージです。

【範囲】

・Dave is clumsy for a football player.(デイヴはサッカー選手の割にはドジだね。)
・But you know, he has been at this football club for 5 years.(でもさ、彼はこのフットボールクラブに5年間もいるぜ。)

👉 意識が向かっている範囲を述べています。デイヴはただ単に「ドジ」なわけではなく「サッカー選手という範囲の中で」ドジなのです。 for は時間的な範囲(期間)にも使えます。

↓↓ 同じく方向を指し示す 前置詞「to」の意味とイメージもチェック ↓↓

【英語】 前置詞「to」の意味とイメージ 【使い分け】
前置詞「to」 【意味】 「〜へ」など 英語の前置詞 to の基本的なイメージは「(到達点を)指し示す 」です。to はある...

スポンサーリンク