【英語】 前置詞「at」の意味とイメージ 【使い分け】

前置詞「at」

【意味】 「〜で・〜に」など

英語の前置詞 at のイメージは「点」です。このシンプルなイメージだからこそ、さまざまなイメージに派生します。

【いろいろな点 ①】

・I met her by chance at that restaurant.(そのレストランで偶然彼女に出会ったんだ。)
・Her name is Selena, is two-grader at school.(彼女の名前はセレーナ、学校の二年生です。)
・Could we meet again at 9 pm? (9時にもう一度お会いできますか?)
・Dave, look at me!(デイヴ、こっちを見なさい!)
・I got my car at a really good price.(僕の車とってもお買い得だったんだぜ。)
👉  私たちは日常の多くのものを「点」で捉えています。例えば、レストランや学校といった物理的な「場所」に加えて、「時間」「方向」「値段」などもそうです。

【いろいろな点 ②】

 ・That Porsche was driving past me at 150 km/h.(そのポルシェは私の前を時速150キロで通り過ぎて行きました。)
・I love to see my kittens at play.(私は子猫達が遊んでいる姿を見るのが好きです。)
・I was disgusting at the sight of his habit of biting his nail.(私は彼の爪を噛む癖を見てぞっとしました。)
・What’s the way to get good at English?(どうすれば英語が上手くなりますか?)
・My office located at Gaienmae.  (私のオフィスは外苑前にあります。)

👉 at の意味は「時速」「状態」「原因・理由」まで拡大します。また、英語など「ある特定の領域に関する能力」といった抽象的な概念もすべて「点」であらわすことができます。どれもピンポイントに対象に接触しています。また、最後の My office located〜 の例文から、「線」上に「接触」する前置詞 on とのイメージの違いを確認してみてください。

↓↓ 前置詞「on」の意味とイメージをチェック ↓↓

【英語】 前置詞「on」の意味とイメージ 【使い分け】
前置詞「on」 【意味】 「〜の上」など 英語の前置詞 on のイメージは「上に乗っている」です。このシンプルなイメージが実...