【英語】 前置詞「around」の意味とイメージ 【使い分け】

前置詞「around」

【意味】 「〜のまわり」など

英語の前置詞 around の基本的なイメージは「 ○ 」です。前置詞で使われる場合「〜のまわり」です。同じようなニュアンスの about よりもぐるっと囲む感触があります。

【まわり】

・We huddled together around the fire for warmth.(ぼくたちは暖を求めて焚き火のまわりで体を寄せ合った。)

👉 「〜のまわり」が around の基本的なイメージです。

【約・およそ】

・It was just around midnight.(それはちょうど真夜中の12時頃だった。)

👉 「まわり」から「約・およそ」はナチュラルなつながりです。 about と同じです。

NOTICE

< get around >

英語では同じフレーズの中に複数の意味を持つことがしばしばありますが、単語のコアにあるイメージさえつかめばすべてを自由に使いこなすことができます。以下のいくつかの例からその感覚を確かめてみてください。getは「動」、 around は「まわり」です。

→ get around(動き回る・[噂などが]広まる・避ける)

  • Here are some tips about how to get around in New York.(ニューヨークを動き回るには、いくつかのコツがあるんだよ。)
  • Bad news gets around quickly.(悪いニュースはすぐに広まるよ。)
  • Dave knows well how to get around traffic congestion.(デイヴは交通渋滞をうまく避ける方法をよく知っている。)

▶︎ get around in 〜 (〜を動き回る)と news gets around(ニュースが広まる)は around の「動き回る」からすぐに連想される使い方です。は「まわりを通る」から「回避する」となります

↓↓ 同じく「まわり」のイメージ 前置詞「about」も要チェック ↓↓

【英語】 前置詞「about」の意味とイメージ 【使い分け】
前置詞「about」 【意味】 「〜について・約・およそ」など 英語の前置詞 about の基本的なイメージは「まわり」です...

↓↓ 「around」と一緒によく使われる 動詞「get」の意味とイメージも要チェック ↓↓

【英語】 動詞「get」の意味とイメージ 【使い分け】
動詞「get」 【意味】 「得る・手に入れる」など 英語の動詞 get の基本的なイメージは「動いて、得る」です。get は...

スポンサーリンク